STEP工法(水中既設構造物の仮締切)
経済性の向上 作業環境の向上 周辺環境への影響抑制 工法

STEP工法(水中既設構造物の仮締切)

河川等の水中の既設構造物(橋脚・基礎)の調査、補修・補強を行うためには、周囲を締め切るための仮設工事が不可欠です。
STEP工法とは、圧入式の鋼製パネル仮締切工法で、分割された締切鋼板(鋼製パネル)を構造物の周りに組み立て、河床に沈設し、圧入ジャッキにより必要な深度まで圧入し、圧入と併用して締切鋼板内の土砂を掘削し、止水処理・支保工を設置後、締切鋼板内を排水してドライな作業空間を確保する工法です。
圧入反力は、既設構造物を反力とするのを標準とします。構造条件、必要圧入力等を考慮して、グラウンドアンカーを反力とする場合もあります。締切鋼板下端形式は、基礎天端と橋脚の寸法および必要作業空間を考慮して、地盤圧入形式と基礎天端設置形式があります。

製品情報

製品名称 STEP工法(水中既設構造物の仮締切)
一般名称(副題) 鋼製パネル圧入による仮締切工法
工法
仮設工
  • 仮囲い設置工
その他
技術分類 経済性の向上 、 作業環境の向上 、 周辺環境への影響抑制
品目分類 工法
価格帯 要相談
納期 要相談
用途・実績
問い合わせ
販売サイトURL
関連する商品(4件)
無人化 、... 工法
更新日:2022-02-28 17:08:28
施工精度の向上 、... 工法
更新日:2022-06-01 16:30:31
省力化 、... 工法
更新日:2022-06-01 16:30:28
周辺環境への影響抑制 、... 工法
更新日:2022-06-01 16:30:19